特集

クリスマス特集 冬特集 グッドデザイン賞 インテリアショップ

PICK UP ENTRY

世界文化賞 建築部門 リカルド・レゴレッタ

camino_real_hotel.jpg

メキシカンな原色色使いの建築家、リカルド・レゴレッタ氏が3回世界文化賞建築部門受賞しました。
日本人にはできない色使いです。HAPPYな気持ちになりそうな空間ばかり。

Ricardo Legorreta(リカルド・レゴレッタ)1931年5月7日、メキシコ市生まれ。
原色で大胆に壁を塗り分け、自然の光を取り入れる。球体のオブジェや格子などのフォルムも斬新で、現代的感覚とメキシコの伝統文化を融合する建築家。色で表現する個性、大きな窓や空間、人々が集うパティオ(中庭)など伝統的なライフスタイルが建築物に投影されています。
世界各地に100を超える作品があり、代表作には「カミノ・レアル・ホテル・メキシコシティ」(1964、メキシコ)「マナグア大聖堂」(1993、ニカラグア)、「パーシング・スクエア」(1993、米ロサンゼルス)、「ジャパンハウス」(1998、神奈川県逗子市)など。

WEB site→http://legorretalegorreta.com/(英語)


  
関連記事

特集

クリスマス特集 冬特集 グッドデザイン賞 インテリアショップ

PICK UP ENTRY

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。